一般的な不妊治療の目的と方法

基本的な検査

不妊原因を診断 基礎体温測定
精液検査
子宮卵管造影
頚膣超音波(エコー)診断
ヒューナーテスト
LHチェック
頚管粘液検査
ホルモン検査 等

タイミング指導

排卵日を予測 妊娠の可能性の高い日に性交を持つ

良好な胚を育てる
 

良好な黄体機能を維持する
 

クロミフェン療法(内服薬)
hMG-hCG療法(注射薬)

hCG療法
黄体ホルモン療法

人工受精(AIH)

卵子と精子の出会う確率を高める

腹腔鏡

長期不妊、原因不明、多嚢胞性卵巣症候群、子宮内膜症等が
疑われる場合行う
術後6ヶ月~1年待機

体外受精・顕微授精

   
各検査の段階で問題が認められた場合、年齢等も考慮したうえで、個別の治療で対応します。
その結果、治療期間が短くなったり、手術をすることもあります。
例)
卵管通過障害 → 卵管形成術・体外受精
子宮筋腫 → 筋腫摘出術
精液性状不良 → AIH・体外受精・顕微授精

このページのトップへ