国際先天異常監視機

横浜市立大学国際先天異常モニタリングセンター

直接患者さんと接する診療部門ではないが環境ホルモン、薬剤、放射線など先天異常をひきおこす可能性のある環境有害因子をはじめとした諸因子を含めた全国規模の監視モニタリング機構(日本母性保護産婦人科医会の先天異常調査監視システム)のセンターがおかれている。本センターはWHOの国際先天異常監視研究機構の日本代表部として国際情報交換を行っている。

センター長 平原史樹名誉教授

⇒横浜市立大学国際先天異常モニタリングセンターホームページ

このページのトップへ