ごあいさつ | 横浜市立大学大学院医学研究科 産婦人科学 生殖生育病態医学


横浜市立大学医学部産婦人科学教室同門会 ごあいさつ

 

 

  横浜市立大学では附属2病院でそれぞれ総合的な診療体制を設けておりますが、産婦人科ではそれぞれ特色をもった専門診療領域を分担しております。
詳しくは本ホームページの診療内容案内,また、横浜市立大学病院ホームページ横浜市立大学附属市民総合医療センター(浦舟センター病院)をご覧いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 

 

横浜市立大学大学院医学研究科生殖成育病態医学(産婦人科学) 教授
横浜市立大学附属病院産婦人科 部長
宮城悦子
 
宮城悦子

  産婦人科学は、周産期・腫瘍・生殖内分泌・女性のヘルスケアの主として4つの領域からなる大変奥が深く興味がつきない学問です。私たちの横浜市立大学産婦人科学教室は、各領域の横断的臨床研究や、基礎研究から臨床応用につながる研究を活発に行っています。そして、2つの附属病院が各々特色を持った役割分担をしながら、横浜市および神奈川県における高度な産婦人科医療を担っております。毎年、多くのシニアレジデントを受け入れており、診療に研究に大変活気がある教室です。学生、研修医の皆様、是非、一度見学にいらして下さい。お待ちしております。

 

 

 

 

 

横浜市立大学附属市民総合医療センター 婦人科
診療教授 榊原秀也
 
榊原秀也

  わたくし達は、横浜市立大学病院の理念にありますように、『心から頼れる病院』として、『高度でかつ安全な医療』を皆様に提供させていただく努力をしてまいります。また、同時に大学として『質の高い医療人を養成』することも使命として診療にあたらせていただきます。
 

  各専門診療領域にはエキスパートをそろえ、患者さんとともに理解しあい、ともに歩み、進む医療を目指したくおもいます。主治医を中心とした専門診療チームが治療にあたり、どの患者さんにも『熱心に』『やさしく』接するよう努力してまいります。

 

 


このページのトップへ