顕微授精を受けられる方へ

対象

体外受精は男性不妊に対しても有効な治療法ですが、高度の乏精子症・受精障害では、通常の方法では受精が得られない場合があります。このような場合、顕微授精(卵細胞質内精子注入法)(ICSI)が有効な治療法となります。

当院では、
  • 1.運動精子数が非常に少なく、通常の体外受精では受精が困難と考えられる場合
  • 2.以前に通常の体外受精を行ったが受精しなかった場合
顕微授精の適応としています。

顕微授精の実際

具体的な方法としては、採卵までの過程は通常の体外受精と全く同じです。
採卵後、卵に、精子を1つだけ吸い込んだ非常に細い針を刺して、人工的に卵に精子を注入します。
これにより通常の方法では、受精が得られないような症例で高い受精率が得られるようになりま

顕微授精児の予後

前述の卵細胞質内精子注入法(ICSI)は、1992年にはじめて妊娠例が得られた比較的新しい技術です。
したがって、この方法で生まれた子供の長期にわたる予後(たとえば、生殖能力の有無等)に関してはまだ答えが出ていないというのが現状です。ただし、先天奇形の出現率は、自然妊娠・通常の体外受精で生まれた子供と同等であることが確認されています。
近年、顕微授精(ICSI)によって生まれた子供に以下に示すような染色体の数異常や構造異常、または遺伝子異常が伝達される可能性が指摘されています。
  • 染色体の数異常や構造異常(たとえば、クラインフェルター症候群等)に起因する高度乏精子症あるいは無精子症の男性不妊では、顕微授精により、極めてわずかしか存在しない射出精液中あるいは精巣上体または精巣より採取した精子による受精・妊娠が可能です。
    しかし、 このような精子によって成立した妊娠では、子供に同様の染色体の数異常や構造異常の形質が伝達される可能性があります。
  • Y 染色体長腕上のAZF領域における微小欠失(Y-microdelection)が、重症造精機能障害男性に高頻度に認められることが明らかになる一方、顕微授精によりこのような造精機能障害男性の精子による受精・妊娠が可能となってきました。
    しかし、このような精子によって成立した妊娠では、出生児が男児の場合、同様の遺伝子異常が伝達される可能性があります。

費用

顕微授精は現在保険が適用されていません。費用は、採卵数により異なりますが、通常の体外受精のほかに4万円~6万円必要です。(2006年1月現在)

その他

当院は日本産科婦人科学会の生殖補助医療実施医療機関に登録しており、当学会への体外受精、顕微授精、胚の凍結保存の治療実績の報告義務があります。治療経過に関する情報を、匿名性を保った上で学会発表あるいは学術誌に投稿することがあります。

このページのトップへ