診療内容:(浦舟)市民総合医療センター 母子医療センター | 横浜市立大学大学院医学研究科 産婦人科学 生殖生育病態医学


診療内容:(浦舟)市民総合医療センター 母子医療センター

周産期・産科

産科、新生児の総合医療センターとして周産期診療をおこなっております。神奈川県の周産期救急システムのなかでも、重要な基幹病院として対応。スタッフは産科、小児科(新生児)の専門医がセンターのなかで同一の診療単位として勤務するというユニークなもので、双方の専門医が緊密な連携をとりながら治療にあたっております。救急・合併症症例などのハイリスク症例を中心に高度医療機関として対応しますが、正常分娩の予約枠ももうけ、夫立会い分娩も可能。一部の分娩室はLDR(陣痛から分娩、産褥まで居室のなかで分娩できる部屋)対応。分娩管理の基本方針は自然分娩ですが、十分な説明・理解のもとに医学的適応により、必要な産科的検査、処置、治療が随時おこなわれております。

不育症(習慣流産、反復死産)

2回以上反復した流死産となった症例を系統的に検査・診断・治療へと進め、妊娠初期より十分な管理・治療をおこないます。内分泌治療、免疫治療、血漿交換療法など最新の治療を先端的に実施中。

遺伝相談外来

周産期領域に限らず、腫瘍(がん)や不妊症・産婦人科領域以外の一般的な遺伝相談も行っています。専門資格のある臨床遺伝専門医(奥田美加准教授)または遺伝相談カウンセラー医師が応じております(予約制)。

国際先天異常モニタリングセンター

直接患者さんと接する診療部門ではありませんが環境ホルモン、薬剤、放射線など先天異常をひきおこす可能性のある環境有害因子をはじめとした諸因子を含めた全国規模の監視モニタリング機構(日本母性保護産婦人科医会の先天異常調査監視システム)のセンターがおかれております。本センターはWHOの国際先天異常監視機構の日本代表部として国際情報交換を行っています。
【センター長 WHO代表 平原史樹教授】

⇒横浜市立大学先天異常モニタリングセンターホームページ

市民総合医療センター 母子医療センターの外来担当医情報は下のボタンをクリックし、外来担当医表でご確認ください。

外来担当医表はこちら

このページのトップへ